よくあるご質問

なぜ、沖縄・九州地方限定の特別価格があるの?

沖縄・九州地方でこそ、スーペリアコートを体感して頂きたいからです!

当社のスーペリアコートはその性能と耐久性から、フィルム施工や他のコーティングと比べると決してお安いものではございません。
そのため、多くの業者ではもっと安価で性能の低いコーティングやフィルム施工を導入しております。
もちろん、沖縄・九州でも同様です。

国内では最も気温の高い沖縄・九州地方では、そのような性能が低く耐久性のない商品は、その経年劣化も非常に激しくなってしまいます。
そんな厳しい環境に耐えうる耐久性と期待に応える性能は、スーペリアコート以外にはございません。

これが、沖縄・九州地方限定の特別価格の理由です。

    人体への影響はありませんか?

    舐めても安全で、人体に影響を及ぼすことはございません。

    (財)日本食品分析センター、環境分析試験センターにて実証試験済です。
    厚生労働省が発表したホルムアルデヒド、トルエン、キシレン等のシックハウスの対象となる人体に有害な物質は一切放出致しまん。
    コーティング剤そのものには揮発性の溶剤が含まれていますが、施工時に換気をすれば大丈夫す。
    もちろん乾燥後(被膜硬化後)は、揮発することはありません。
    硬化したコーティング膜から、危険物質が溶出することもありません。

      施工後、掃除はできますか?

      施工前の窓ガラスと同じお掃除で構いません。

      基本的に、普段の御掃除は施工前の窓ガラスと同じです。湿った柔らかい布で拭いてください。
      汚れがひどい場合は中性洗剤を薄めたものを使って清掃してください。効果を持続させるためにも、金属製の清掃道具や、研磨剤の入っている洗剤やスポンジ等の使用、強酸や強アルカリ性のクリーナーの使用は避けてください。

        冬場の効果は?冬はかえって寒くなるのでは?

        冬場は室内で発生した暖房熱を外部に逃げず、室内の保温・断熱効果がございます。

        スーペリアのコートの特徴は可視光線(透明度)の透過率が高く、赤外線領域を強力にカットします。
        夏場は外部からの近赤外線をカットし、冬場は室内で発生した遠赤外線(暖房熱等)を外部に出さない作用があるので室内の保温、断熱効果を期待する事が出来ます。

          コーティングはどれくらい持ちますか?

          15年以上の耐久性がございます。

          キセノンアーク照射試験(JIS)を行い、島津分光光度計にて測定した結果、15年経過してもコーティング被膜に損傷や劣化は見られず、透明性もそのままで、赤外線カット効果も持続していました。
          高機能遮熱窓ガラスコーティングスーペリアコートは、硬化した後は無機質になるので硝子と同じく、基本的には劣化は致しません。
          紫外線カット効果につきましては、年々徐々に劣化を起こします。
          (年1%の劣化)

            乾燥時間はどれくらいかかりますか?

            夏場で1〜2時間。冬場で3〜4時間程度で乾燥します。

            季節にもよりますが、塗布完了後、夏場で1,2時間。冬場で3,4時間かかります。
            また、皮膜面完全硬化には、24時間前後かかります。
            細かいチリやホコリの付着をさけるため、尚、コーティング作業をしている部屋への出入りはできるだけお控えください。

              施工時間はどれぐらい?

              一般的には1日で施工は終了します。

              一般的に、戸建て住宅、マンション規模(15㎡~30㎡)なら1日で施工は終了します。
              施工は基本的に二人で行います。
              また、施工時の天候・環境によって乾燥時間が異なりますので、ご施工の際は担当者にお尋ねください。

              スーペリアコートの施工手順は以下を御覧ください。
              スーペリアコートコーティング施工手順

                飛散防止効果はありますか?

                別途、飛散防止フィルムで対応できます。

                飛散防止効果はありません。窓ガラスが割れると同時にコーティングも割れます。
                飛散防止機能が必要な際は、スーペリアコート塗布後、飛散防止フィルムを貼ります。
                ご用命ください。

                  害虫や虫が寄り付きにくくなるとはどういったメカニズムですか?

                  走光性の害虫や虫を寄せ付けなくなります。

                  一部の昆虫には“走光性”といって、紫外線に引き寄せられる性質があります。
                  そのため、夜間に室内の蛍光灯から発生する紫外線に引き寄せられて、窓に集まります。
                  ガラスコーティングをすると、蛍光灯の紫外線が外に漏れないので、カメムシや蛾といった種類の昆虫が窓ガラスに集まりにくくなります。

                  紫外線をほぼ“ 0 ゼロ”にするスーペリアコート
                  紫外線99%以上カット
                  夏の窓のあの虫達ともサヨウナラ